検索フォーム

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク

 ┣ 気まぐれ適当NEWS
 ┣ ニュース一番
 ┣ 速報配信情報ブログ
 ┣ 話題NEWS厳選配信
 ┣ 注目ニュース最新
 ┣ ウェブ通信
 ┣ ブログ通信
 ┣ 知っトコ情報
 ┣ 速報ピックアップ
 ┣ 日本経済WEB
 ┣ 世界のエンタメ
 ┣ THE・ハイライト
 ┣ 注目してみた。
 ┣ 気になってみた。
 ┣ 気まぐれブログ
 ┣ 話題ニュース
 ┣ 知ってるコレ。
 ┣ ちょっと聞いてよ。
 ┣ お役立つ情報満載ブログ
 ┣ コレでなっとく情報Blog
 ┣ ネット知るNEWSブログ
 ┣ 暮らし豊か通信は増刊号
 ┣ 社会通信情報ブログ
 ┣ 経済情報NEWSブログ
 ┣ お得NEWSブログ
 ┣ NEWS情報最前線
 ┣ ニュースWEB
 ┣ ニュース配信ブログ
 ┣ エキサイトNEWS
 ┣ ガチンコNEWS
 ┣ NEWSマックス24
 ┣ NEWSプラスα
 ┣ オンラインNEWS情報サイト
 ┣ 情報局ZERO
 ┣ REDLINE ニュースBLOG
 ┣ エンタメ情報満載
 ┣ 最新トピックス
 ┣ 速報deニュースブログ
 ┣ 知っとこネットワーク
 ┣ ニュース総合案内所
 ┣ NEWSキングダム
 ┣ 経済チャンネル
 ┣ NEWSサーチブログ
 ┣ 話題NEWS口コミ投稿
 ┣ リアルタイムニュース
 ┣ スポーツ関連情報ブログ
 ┣ 厳選ニュース捜索隊
 ┣ 最新注意報イエローページ
 ┣ 経済情報QQタイムズ
 ┣ 得々ブログ

相互リンク集2

 ┣ 現在NEWSブログ
 ┣ 報道ブログチャンネル
 ┣ 報道クライマックス
 ┣ 情報配信ブログ7
 ┣ 芸能NEWSブログ
 ┣ 芸能速報オンライン
 ┣ 月刊NEWSブログ
 ┣ 現代情報ブログ
 ┣ ニュースファイル
 ┣ 芸能ニュースブログ
 ┣ ニュースジャパン
 ┣ THE報道特集
 ┣ 明日があるのさ
 ┣ そう言えば聞いた。
 ┣ 個人的な価値観ブログ
 ┣ 信じられません。
 ┣ とても身近に思えない。
 ┣ 話題になった出来事
 ┣ バリュー情報通信
 ┣ レッドペーパー倶楽部
 ┣ 世の中の出来事通信
 ┣ 報道ブログマート
 ┣ サイドステーション
 ┣ 今月の気になる出来事
 ┣ 報道ブログハウス
 ┣ NEWSエアーライン
 ┣ ブログウォッチ24
 ┣ ニュース情報ネット
 ┣ 芸能ジャパン
 ┣ BlogNews
 ┣ いろいろ相談ブログ
 ┣ どうなんでしょコレ?
 ┣ こういう事かっ!
 ┣ 最近の身近な話
 ┣ どうでもよくない話
 ┣ 伝えきれない事実
 ┣ お悩み解決ブログっす
 ┣ 快活な生き方
 ┣ コチラお役立ち情報局
 ┣ ライフバイブル
 ┣ Its 暮らし特集ブログ
 ┣ 現代生活応援通信
 ┣ 暮らしステーション
 ┣ ラブリーライフクラブ
 ┣ 生活改善ブログ
 ┣ 庶民の暮らし応援
 ┣ リフレッシュ宣言ブログ
 ┣ 平凡的な市場
 ┣ 明日ご褒美
 ┣ 気になるあの子の豆知識

RSSリンクの表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一方、国内市場を見ると、日本の出版社は今のところ、KindleやiBookstoreなど外国勢のプラットフォームに門戸を閉ざしている。確かにiPad向けの電子雑誌・書籍は既に存在するが、これらは厳密には「アプリケーション形式」でリリースされている。つまり手間のかかるアプリ・プログラムとして個々に作り込んでいるのだ。日本で電子書籍が本格的に普及するためには、個別アプリではなく、KindleやiBookstoreのような配信プラットフォーム、つまり「編集されたコンテンツが、所定の規格に沿って機械的に製品化され、読者に届けられる仕組み」に乗る必要がある。日本でKindleやiPadは既に発売されているが、その上の配信プラットフォームに対して出版社は警戒心を抱いている(つまりKindleとiBookstoreでは、日本語の書籍はまだ発売されていない)。その表向きの理由は「規格(フォーマット)」の問題である。iBookstore向けの電子書籍は「ePub」、Kindle向けは「AZW」という規格を採用している。これらの規格は「縦書き」や「禁則処理」など、日本語独自のファクターをサポートしていない。これが日本の出版社が外国勢のプラットフォームを拒む公式理由となっている。これに対しシャープのXMDFは上記の日本語ファクターを以前からサポートしており、今回発表された次世代版ではマルチメディアにも対応した。このため日本の出版業界は、シャープのプラットフォームを強く支持している。しかし「規格の問題は、外国勢を排斥する口実」との指摘もある。ある業界関係者は「日本の出版社がAmazonやAppleに『日本語をきちんとサポートすれば、コンテンツを提供する』と確約すれば、彼らは早急に対応するはず。しかし、これまで(出版社は)そうした積極的な提案をする代わりに、外国勢の(規格の)粗探しをして『ここと、ここが駄目だから本を出せない』という姿勢に終始してきた」と打ち明ける。もっとも日本の出版社が外国勢に警戒感を抱くのは、やむを得ない面もある。特にAppleはApp Storeにおいて、ある種、恣意的なコンテンツ検査をしたことで悪名高く、これが電子書籍にも波及することを、日本の出版社は危惧している。たとえば「医龍」のような医療系の漫画が「血の流れるシーンがある」という理由から検査で弾かれる、といったケースを心配している。そういった突拍子もないことをする外国勢のプラットフォームよりも、シャープのように気心の知れた日本企業のプラットフォームを支持する、という気持ちも、ある程度は理解できる。しかし、日本側の配信プラットフォームを用意する際、それをXMDFのような独自規格に依存することには疑問が残る。海外でKindleの「AZW」やiPad(iBookstore)の「ePub」がこれだけ普及した現状を見る限り、日本の出版業界だけが、何時までも、それらを排斥するのは現実離れしている。いずれは外国勢の規格向けにも、日本語の電子書籍がリリースされるのは時間の問題。その上さらに、次世代XMDFという独自規格が追加された場合、幾つもの規格が乱立してしまう。となると、日本の出版社は同一のコンテンツを異なる規格に合わせて作り直す必要が生じる。また読者は、シャープの配信プラットフォームから購入した電子書籍がKindleやiPadでは読めなくなる。規格の乱立は、誰にとっても望ましい状態ではない。むしろ日本独自の規格よりも、国際標準ないしはそれに近い規格を採用し、その上に日本側の配信プラットフォームを構築するのが、本来進むべき道だろう。その有力候補は「HTML5」だ。HTML5はXMDF同様、マルチメディア対応のコンテンツをコンパクトに作成できる上、ウエブの国際標準化団体「W3C」が策定中の次世代規格だ。さらに最初から日本語を始め多国語対応になる。HTML5はAppleやGoogleも強く支持している。いずれiBook Storeや Google Editionsでも当初のePubに代わって、HTML5を採用する見込みだ。日本の出版業界は当面、iPadやKindleへの対応を進めながら電子書籍事業のノウハウを蓄積し、その間に次世代の国際規格であるHTML5に基づく日本側のプラットフォームを準備し、これによって海外勢と競合する体制を整えるのが賢明だろう。

ご当地スイーツ
道府県民税と都民税
ジパング倶楽部夫婦50割引
結婚記念日
ニーマンマーカスのチョコ
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。